ファイバチャネルとは
ファイバチャネルは1Gbps, 2Gbps, 4Gbps(8Gbps は仕様を検討中)の伝送速度を持った超高速データ伝送ネットワークです。ファイバチャネルは SCSI などのチャネル接続インタフェースの特徴と、イーサネットのようなネットワーク接続インタフェースの特徴をあわせ持つインタフェースで、高速、高信頼性、広帯域、長距離伝送といった特徴をもちます。ファイバチャネルの上位層として、TCP/IP、ATM、SCSI等のプロトコルがサポートされています。  ファイバチャネルの主なアプリケーションは SAN (Storage Area Network) で、SANとは、ディスク装置や、テープ装置といったストレージ機器とサーバ群をスイッチネットワークで接続し、数百テラバイトのストレージリソースを効率よく使用するソリューションです。
ご挨拶
コンピュータ間のデータ伝送方式として、チャネル方式とネットワーク方式があげられます。チャネル方式は広帯域、確実性を特徴としていますが、遠距離には適さず、接続には一般的に太いケーブルが使用され固定的である等で自由度があまりありません。ネットワーク方式は接続の自由度が高く距離の制限も少ないのが特徴ですが、物理的、階層的な理由により、伝送速度が遅いとされています。ファイバチャネルはこのチャネルとネットワークの長所を併せ持ったものです。
■ネットワーク、チャネル、ファイバチャネルの特徴
  ネットワーク チャネル ファイバチャネル
(ループトポロジー)
接続 マルチポイント 対抗(スイッチあり) 対抗(スイッチあり)およびマルチポイント
ケーブル銅線 10Km以上 10m程度 最大 10Km
接続形式 コネクションレス型 コネクション型 コネクション型および
コネクションレス型
伝送の信頼性 BERは10-9以下 BERは10-12以下 BERは10-12以下
伝送方式 シリアル パラレル シリアル

1.コンピュータや機器間を1本の全二重ケーブルで接続

これにより、接続が非常に容易になり、さらにパラレル(並列)ケーブルに比べて安く、かつ距離を延ばす事(最長10km)ができます。

2.高速かつ拡張性に富むデータ伝送速度を提供

データ伝送速度が1Gbps(ギガビット/秒で正確には10625Mbps)をベースに、2倍の2Gbps、4倍の4Gbps さらに8倍の8Gbpsと非常に高速なデータ伝送速度を確保。

3.データ伝送距離は最長10kmとする

シングルモード光ファイバを使用した場合、最長10kmを目標とし、1つのキャンパス内であれば1本のケーブルで接続可能 。

4.少ない伝送エラーで最大のデータ伝送量を目指す

ネットワーク方式の無責任なデータ伝送方式に対し、ファイバチャネルではできるだけ上位レイヤに再送をさせないように、伝送エラーを減らし、かつ精緻なフロー制御を行いながら、万一のデータロスを瞬時に発見し修復 。

5.各種の上位プロトコルを透過する

ファイバチャネルは高性能なデータ伝送手段かつ特定のプロトコルやデータ伝送手段には依存しないため、ファイバチャネル上を、HIPPI、SCSI,SBCCといったチャネルデータからIP、IPX、ATMといったネットワークデータに至るまで通過させる事が可能。また、将来、新しい種類のデータを効率よく伝送する事もできます。

6.すべての機器を包含するネットワーク

従来は、スーパーコンピュータやメインフレーム用のチャネルには、HIPPI,マルティプレクサチャネルまたはメーカー独自のチャネルを、ワークステーションやパソコンはSCSIその他を、ネットワークにはEthernetやFDDIを、のように機器によって使い分けていました。ファイバチャネルは安価で高速しかも正確なデータ伝送手段を、パソコンからスーパーコンピュータに至るまで幅広く提供します。

7.物理的、論理的に優れた接続性を持つ

新たな機器の接続やその変更に際し、特別な操作を必要としない、プラグアンドプレイを実現。ファイバチャネルは動作中であっても、簡単に物理的接続作業を行う事ができ、論理的にも自動的にログインが行われ、使用者にとって煩わしい作業を要求しません。

8.市場にある部品技術を用いて機器を構成する

ファイバチャネルの実現のために、新たな部品技術の開発は必要としません。市場にある部品を使う事によって、安価に製品開発でき、設置や配線を行う事ができ、コスト・パフォーマンスのよい製品の生産が可能です。