JDSFサイトトップへ
[第7回JDSF DATA STORAGE WORLD ]自社のストレージ基盤を抜本的に見直そう!
JDSF
[第7回JDSF DATA STORAGE WORLD ]自社のストレージ基盤を抜本的に見直そう!
第7回JDSF DATA STORAGE WORLD
HOME
開催概要
プログラム一覧
受講申し込み
特別講演
セミナー
パネルディスカッション
参加企業一覧
会場へのアクセス
プレスセンター
JDSF事務局
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-15-19 AIOS 925 日本ネットワークストレージラボラトリ 内
TEL:03-6421-7800





JDSFデータストレージWORLD セミナー

|1/9(水):セミナー詳細|1/10(木):セミナー詳細
■1月9日(水)/受付開始 11:00〜

※  プログラムの内容は予告なく変更されることがありますので予めご了承ください。

 展示会場 #301, #302 11:00〜17:00
 
第1 会場 #311

第2 会場 #312

12:00

12:50

【A-1】
基調講演 東京都環境局

東京都における地球温暖化対策のこれまでの取組と今後の展開

IPCC報告等にあるように従来の予測を超えて進行する地球温暖化。こうした中、ポスト京都議定書をめぐり動き出した世界的な潮流の中で、東京都は、都内の温暖化ガスを2020年までに2000年比25%削減という目標を掲げた。
この目標に向け、都はこれまでの温暖化対策の枠組みを大きく転換し、排出削減義務と排出量取引制度により、実効性ある地球温暖化対策を推進していく。

東京都 環境局 
山本 明


13:00

13:50

【A-2】
住商情報システム株式会社

ITインフラにおける省電力ストレージの台頭
−変わり行くデジタル情報の様態と共に−


グローバル環境でビジネスが行われている現在、今やITシステムは企業活動に不可欠要素であり、その多様化・複雑化と共に蓄積されるデジタル情報量もJ‐SOX法適用等もあり膨張の一途です。しかし、デジタル情報は増大する一方でその性質が変化しています。地球環境保全(CO2排出量削減)などを背景にITシステム環境に省電力化の波が押し寄せているなか、“省電力ストレージ”に焦点を当てストレージソリューションのご紹介を差し上げます。

住商情報システム株式会社 
松川 幸平

【B-2】
コンピュータ ダイナミックス株式会社

仮想化システムSVMでストレージコスト・管理コストを3分の1に削減
高機能スナップショット、ミラーリング、コピー機能でIPを使用してのDR環境 の構築及びSAN環境セキュリティ問題解決法


ストレージ利用効率を3倍アップさせる仮想化システムSVM。ストレージコスト・管理コストも3分の1に削減します。SVMがあればバックアップ作業などの夜間に行っていた仕事は不要です。また、SVMのスプリットパス方式仮想化ソリューションによるベンダの制約に縛られないヘテロな環境を実現します。導入事例を含めてご紹介させて頂きます。

ネットワーク ダイナミックス株式会社 
坂本 寛之

14:00

14:50

【A-3】
エヌ・シー・エル・コミュニケーション株式会社

Green Storage! Nexsan社の4U42TB AutoMAIDの紹介
“The Green Grid”Nexsan社の熱・振動を抑え、低故障率・低消 費電力を実現したSATABeastの紹介


GreenITを代表する“The Green Grid”メンバーのNexsan社が、画期的な熱・振動対策および3レベルAutoMAID機能により、驚異的な低故障率と低消費電力を4U42TB SATABeastにて実現しました。これにより業界TopクラスのDeeperGreenを実現しました! また、2008年より出荷予定のSATABeast2およびDATABeastを紹介します。

エヌ・シー・エル・コミュニケーション株式会社 
岩瀬 幾郎

【B-3】
東芝ソリューション株式会社
容量仮想化で見えてきた! コスト低減の秘策(仮)
〜ArrayFortシリーズが実現する仮想化ソリューションの紹介〜


ITシステムにおいて、ビジネスの継続性、コンプライアンスなどへの対応が求められています。ITシステムで扱うデータ量は飛躍的に増大し、ストレージに対する投資、管理コストも増加していきます。本セッションでは、これらの課題解決に向けて、容量仮想化という新たな切り口によるコスト低減策を紹介します。

東芝ソリューション株式会社 
秋山 宏一、高桑 正幸

15:00

15:50
【A-4】
特別講演
社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)

磁気テープ装置の新たな役割
グリーンストレージを担うテープの役割と最新動向


国内の市場調査では、ストレージ容量の伸びは年平均57%の高い伸びが見込まれている。このような状況下で、ITシステムは管理コスト増大、コンプライアンス対応などのストレージの課題を始め、CO2削減等の環境対策等への社会的使命をも負っている。このような課題にテープストレージはいかに応えられるだろうか。JEITAの取り組みと最新動向をもとにテープストレージの新たな役割と位置づけを考察する。

富士通株式会社
藤井 敏彦


16:00

16:50
【A-5】
イメーション株式会社

グリーンITを支えるテープストレージの最新事情

昨今話題となっているグリーンITでは、省電力化がキーワードとなってきている。この電力消費量に関し、ディスクシステムとテープシステムを比較検討し、テープストレージシステムのアドバンテージを明らかにするとともに、テープストレージシステムの課題の解決の一助として、専門メーカーの50年以上の経験に基づくテープシステム記録媒体運用に関するノウハウを、さまざまなツールを交えて紹介します。

イメーション株式会社 
西田 博光
【B-5】
株式会社日本ネットワークストレージラボラトリ

台湾QuantaComputer社製高品質サーバ&RAIDのご紹介
今、エンタープライズ向けサーバに求められているのは安価で省電力な サーバー。サーバーの大手OEM、ODMメーカーが日本上陸


コストセーブは今企業の重要な戦略になっています。当社は、OEM、ODM大手の台
湾QuantaComputer社が販売するQSSC独自ブランドの日本総代理店になり、高品
質で安価な各種サーバ−をご紹介します。QuantaComputer社は米国FORTUNE500で10位にランクされた優良企業で、最近はGreenIT商品として、安価な省電力型サーバを販売しています。また、同社が製造するRAID装置のご紹介も致します。
発売を記念して受講者の方には粗品を進呈させて頂きます。

株式会社日本ネットワークストレージラボラトリ 
宮坂 新哉

17:00

19:00

【会場 #303, #304】

懇 親 会 参加無料

無料で参加できる立食形式の懇親会です。軽いお食事とお飲み物をご用意致しました。会場はテーブル毎に当日のセッションに沿ったテーマを決め、そのテーマで講演者や受講者同士との情報交換ができるようになっております。貴重な情報を入手するチャンスですので、奮ってご参加ください。
1/10(木):セミナー詳細ページトップへ

z
(C)2006 Japan Data Storage Forum. All rights reserved.