恋塚正隆の連載コラム

【連載】バックアップの真実
第1回 「クライアント・バックアップ」

JDSFのDBS部会からの第1回目のメルマガの題名は”クライアント・バックアップ”です。この言葉からイメージするのは企業向けバックアップ・ソフトウエアのSIerなら”クライアント”といってもオラクルのアプリケーション・サーバを思い浮かべるかも知れません。確かにJDSFメンバーとこのメルマガの読者のほとんどはそのような読者だと思いますが、ここでは、皆さんが今このメルマガを読んでいるデスクトップPC、ノートPCをバックアップする、というのが本題です。皆さん、自分のPC、バックアップしていますか? ”していませんよ”という人が8,9割かな、と自分では想像していますが、どうでしょう?調査の価値があるならば、このメルマガをもっと広めて皆さんから意見を是非聞きたいと思います。

”わたしは”----しっかりとバックアップしていますよ。自宅のPCもしっかりとバックアップしています。娘はと見ればやっていない。無くなってから泣くぞ、と思っていますが、それは自分の職業から来るただの”余計なお節介”と思われているかもしれません。CD-RやDVD-Rドライブ装置を買うと何らかのバックアップお手伝いツールがタダで付いてくるのでそれを使っている人も多いと思います。でも、そのような”おまけツール”はPCのハードディスクが丸ごと飛んでしまった時には”ちょっと安心”なだけでPCを元通りの使える状態にするまでは大変な作業が待っています。

会社で使っているPCをバックアップする、という意味は「PCが壊れても、どんなことになっても短時間で元の仕事を最小限のロスで再開できる」ということです。そういう意味では色々な考え方、対策があります。

...というところでそろそろ字数制限に引っかかりそうです。次回からは次のような内容でもうちょっと詳しく話していきたいと思います。

■バックアップしなくても良いクライアントを作る
■OSまで含めたシステムを戻すのか
■クライアント・バックアップはここがちょっとやっかい
■ここまではローコストで出来る



JDSF データ・マネジメント・ソリューション部会
株式会社エクサ 恋塚 正隆
リンクが張られていない、タイトルだけの記事は、最新号のメルマガ記事です。
次 回のメルマガが配信された時点で記事にリンクが張られます。
メルマガ登録する と次回から最新記事を読むことができます。
メルマガ登録は無料、非会員でも登録で きます。登録はこちら